巨人・岡本、9回適時打も笑顔なし「いい当たりではなかった」

[ 2019年10月21日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2019第2戦    巨人3―6ソフトバンク ( 2019年10月20日    ヤフオクD )

9回1死満塁、中越え適時打を放つ岡本(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 巨人は4番の岡本が7回に今シリーズ7打席目で初安打となる左前打を放った。チーム初安打ともなり、9回1死満塁では守護神の森から中堅フェンス際への適時打を放った。

 もうひと伸びで本塁打の大飛球も「こすったのでいい当たりではなかった」と納得はせず。連敗スタートには厳しい表情で「やり返せるように頑張ります」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月21日のニュース