ソフトB、守護神・森で逃げ切り 高橋純3四球で降板「完全にのまれた」

[ 2019年10月21日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2019第2戦   ソフトバンク6―3巨人 ( 2019年10月20日    ヤフオクD )

ソフトバンク4番手の森(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが最後は守護神・森を投入して何とか逃げ切った。

 8回に2番手で登板したモイネロは「普段通りに投げられた」と3者凡退に仕留めたが、3番手・高橋純は「(雰囲気に)完全にのまれてしまった」と打者4人に3四球を与えてまさかの降板。1死満塁から緊急登板となった森は3連打を浴びて3点を失い、「投げている感じは悪くない。勝ったので、あと2つ頑張ります」と渋い表情だった。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月21日のニュース