山田&外崎 複数ポジションOK 侍J21日から合宿

[ 2019年10月21日 05:30 ]

ヤクルト・山田哲
Photo By スポニチ

 11月2日開幕の「プレミア12」に出場する侍ジャパンはきょう21日、宮崎に集合。大会に向けた合宿をスタートさせる。

 ヤクルト・山田哲は神宮での秋季練習で本来の二塁ではなく一塁でノックを受けた。複数ポジションを守るケースも想定され「(一塁では)もっと腰を低くして集中しないといけない」と話した。西武勢も午前中にメットライフドームで調整し、ユーティリティープレーヤーとして期待される外崎は「(内外野の)どちらでも、しっかり準備する」。秋山も「チームの力になれるよう準備をしたい」と力を込めた。

 日本シリーズ出場のソフトバンク、巨人の10人は終了後に合流予定。侍ジャパンは来月5日に初戦を迎え、台湾でベネズエラ、プエルトリコ、台湾の順で1次リーグを戦う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月21日のニュース