東海大相模がセンバツ当確 5回一挙6点で習志野に逆転勝ち

[ 2019年10月21日 16:45 ]

秋季高校野球関東大会 準々決勝   東海大相模12―6習志野 ( 2019年10月21日    高崎城南 )

<習志野・東海大相模>5回、吉沢の3ランで生還し、喜ぶ西川(右)ら
Photo By スポニチ

 東海大相模(神奈川1位)が習志野(千葉1位)を逆転で下し、センバツ出場に当確ランプをともした。

 試合巧者の習志野と今大会優勝候補の東海大相模の一戦とあって今大会屈指の好カードとあって、高崎城南球場は内野スタンドに立ち見が出るほどの大盛況。東海大相模が習志野をねじ伏せる結果となった。

 初回、4番・西川僚祐外野手(4年)が先制左越え2ラン。しかし、2回に先発したエース左腕・諸隈惟大投手(2年)が四球で突如崩れるなどして逆転を許した。それでも隙あらば一気にたたみかけるのが東海大相模。5回に2死から鵜沼魁斗外野手(2年)ら5連打で一挙6点を挙げて逆転。7、8回にも2点ずつ追加点を挙げてダメ押した。

 門馬敬治監督は「欲を捨てて勝負に徹した」と振り返り「とにかくつなぐことを徹底した。習志野に終盤の強さなどを学ぼうという姿勢だった」。今大会の山場を乗り越え、3季連続甲子園を確実にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月21日のニュース