ソフトB柳田、ダメ押しソロで巨人粉砕「詰まっていたんで一生懸命走った」

[ 2019年10月21日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2019第2戦   ソフトバンク6―3巨人 ( 2019年10月20日    ヤフオクD )

8回1死、柳田は左中間ソロを放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・柳田が、3―0の8回1死で3番手・桜井のカーブを強振。滞空時間の長い打球は、左中間のテラス席に吸い込まれるダメ押しのソロ本塁打となった。

 「詰まっていたんで、一生懸命走ってました。真ん中に来たんで狙ったらホームランになりました。満足はしていないけど勝ったので満足はしています」

 日本シリーズでは、昨年11月1日の広島との第5戦以来となる一発。第1戦でも7回に右前適時打を放つなど、ここぞの決定力は健在だ。工藤監督も「松田に柳田に福田、ホームランで点を取れた。うちのいいところだと思います」と一発での全6得点を喜んだ。

 今季は故障で離脱も多かっただけに「野球をやらせてもらっているのはチームメートに感謝。あと2つ勝てるように準備するだけ」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月21日のニュース