早大 初先発の岩本が延長で満塁一掃打 小宮山監督「来年は4番」

[ 2019年10月21日 05:30 ]

東京六大学野球第6週第2日   早大5―2立大 ( 2019年10月20日    神宮 )

<立大・早大>延長12回1死満塁、3点適時三塁打を放ちガッツポーズの早大・岩本(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 早大・岩本が大仕事をやってのけた。正捕手の小藤が左膝じん帯を痛めたためリーグ戦初先発マスクをかぶった2年生の岩本は、連盟規定で最終回となる延長12回1死満塁で右中間へ走者一掃の決勝三塁打。「右方向を意識して踏み込んで打ちました」とチームを救った一打を振り返った。

 小宮山悟監督は「来年は(岩本が)4番キャッチャーでいきます」と明言。本人は「そうなれるように頑張ります」と意欲満々だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月21日のニュース