ロッテ・中村奨 プロ5年目で待望、初の2桁本塁打達成 一昨年9本、昨年8本ときてようやく…

[ 2019年6月19日 18:13 ]

交流戦   ロッテ―広島 ( 2019年6月19日    マツダ )

<広・ロ>1回表2死、中村奨は中越えにソロ本塁打を放ち三木とタッチを交わす (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ロッテの中村奨吾内野手(27)がプロ5年目で初となる待望の2桁本塁打を達成した。

 広島戦(マツダ)に「3番・二塁」で先発出場。初回、2死走者なしの場面で入った第1打席で、広島先発の右腕・大瀬良が投じた2ボール2ストライクからの5球目、外角の直球をバックスクリーン左へ叩き込んだ。

 中村奨は2017年が9本、2018年が8本とあと一歩のところで2桁本塁打に届かず。プロ5年目でようやく到達したシーズン10号、通算38本目のアーチだった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月19日のニュース