専大が1部昇格王手 打線機能7点で快勝 東都入れ替え戦

[ 2019年6月19日 05:30 ]

東都大学野球1部2部入れ替え戦   専大7―3駒大 ( 2019年6月18日    神宮 )

 2部1位の専大が5季ぶりの1部復帰に王手をかけた。打線が駒大(1部6位)投手陣から12安打7点を奪い、先発の佐藤奨真(3年)が8回を3失点でしのいだ。駒大は終盤の反撃も及ばなかった。

 専大は看板の打線が機能して快勝。斎藤正直監督は「よく打ってくれた」と話した。指揮官にとっては11シーズンで5度目の入れ替え戦。「2回戦はプレッシャーがかかるけど、1年から出ている選手が多いから、経験値で乗り切ってほしい」と期待する。同点弾を放った岡本良は「神宮でやりたい。明日も気持ちを引き締めて打ちたい」と連勝を狙っていた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月19日のニュース