日本ハム上沢離脱も…左膝に打球直撃で救急搬送 吉村GM「入院する可能性もある」

[ 2019年6月19日 05:30 ]

交流戦   日本ハム0―3DeNA ( 2019年6月18日    横浜 )

6回2死、ソトの打球が直撃し倒れる先発・上沢(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 緊急降板した日本ハム・上沢が戦線離脱する可能性が出てきた。先発で1失点と好投していたが、6回2死からソトの痛烈なライナーを左膝に受けて昏倒(こんとう)。担架で退場し、そのまま救急車で横浜市内の病院に搬送された。

 打球が当たったのは左膝の皿の部分。詳しい診断は19日になる見込み。栗山監督は「こっちは状態がいいことを信じるだけだから」と険しい表情で話し、吉村浩GMも「診断待ちです。入院する可能性もある」と説明。上沢は先発の柱の一人として11試合に先発して5勝(3敗)を挙げており、長期離脱となるとチームにとって大きな痛手となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月19日のニュース