埼玉組み合わせ決定 花咲徳栄5年連続へ「どこが来ても倒す」

[ 2019年6月19日 15:42 ]

全国高校野球選手権埼玉大会組み合わせ抽選会 ( 2019年6月19日    さいたま市民会館おおみや )

高校野球・埼玉抽選・健闘を誓い合う花咲徳栄の吉倉主将(左)と浦和学院の中前主将(右)
Photo By スポニチ

 5年連続出場を目指す花咲徳栄は12日に杉戸農と対戦が決まった。吉倉英俊主将(3年)は「どこが来ても倒す自信はつけてきた。覚悟をもって臨む」と気合い十分だった。

 春は準々決勝で東農大三に敗戦。今大会もお互い勝ち進むと再び準々決勝で対戦する可能性があるだけに「しっかり視野に入れて集中していく。春の悔しさを晴らす」と雪辱を誓った。

 3番・韮沢雄也、4番・井上朋也のの強力クリーンアップは健在。吉倉によると「投手陣は目の色を変えて練習に取り組んでいる」といい、投打に成長した姿を夏は見せるつもりだ。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月19日のニュース