杉下氏、堀内氏、門田氏が学生野球資格回復 アマ選手の指導可能に

[ 2019年6月19日 05:30 ]

 日本学生野球協会は18日、都内で理事会を開き、杉下茂氏(93)、堀内恒夫氏(71)、門田博光氏(71)の学生野球資格回復を承認した。野球殿堂入り顕彰者はプロ側と学生側による研修会が免除され、リポート課題と「資格適性認定申請」をクリア。アマ選手の指導が可能となった。

 3氏に加え、野村克也氏(83)、福本豊氏(71)は5日、野球殿堂入り顕彰者に対する「学生野球資格回復制度研修特例」としてNPBプロ研修特例の面談を約2時間受けていた。野村氏と福本氏は今回申請がなかったため審査対象とならなかったが、今後申請して承認を受ければ指導資格を回復できる。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月19日のニュース