オリ4連勝ならず 由伸が今季初の2被弾「うまく投げられなかった」

[ 2019年6月19日 05:30 ]

交流戦   オリックス3―4巨人 ( 2019年6月18日    東京D )

3回1死、岡本(左)に中越えソロ本塁打を打たれた山本(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 オリックスは3点差を追いつきながら力尽きた。8回に決勝点を与えた海田は今季20試合目での初失点。西村監督は「先頭への四球と陽岱鋼への初球の入り方。もう少し慎重にいけば…」と残念がっても責められない。

 誤算は山本だ。初回に丸に2ランを浴び、今季11試合目で初の初回失点。さらに3回には岡本にソロを許し、1試合2被弾も今季初めて。6回3失点で勝敗は付かなくても、「立ち上がりはいつも力が入るが、今日はうまく操れなかった。(丸へのフォークも)うまく投げられなかった」と反省した。

 今季初の4連勝を逃し、観戦した宮内義彦オーナーは「いい試合をしても負けたらね。結局は四球なのよ。試合を決めるのは…。中休み。耐えるのには慣れているけど、慣れたらいかんのやけども」と嘆き節だった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月19日のニュース