巨人・陽岱鋼、代打V打でガッツポーズ「阿部さんに感謝」

[ 2019年6月19日 05:30 ]

交流戦   巨人4―3オリックス ( 2019年6月18日    東京D )

8回1死二塁、勝ち越し適時二塁打を放ちガッツポーズする陽(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 巨人・陽岱鋼が試合を決めた。同点に追いつかれた直後の8回1死二塁。代打で初球の直球を振り抜き、勝ち越しの右越え二塁打を放った。

 「初球から振りにいくと決めていた。素直にうれしいです」と塁上でガッツポーズ。代打や守備固めなど途中出場も多い中、準備の仕方を阿部から学び、この日も4回から出番に備えた。交流戦は打率・440。「阿部さんに感謝したい」と笑顔だった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月19日のニュース