菊池雄星 5回9安打6失点、自身4連敗で5敗目喫す

[ 2019年6月19日 14:17 ]

ア・リーグ   マリナーズ0―9ロイヤルズ ( 2019年6月18日    シアトル )

マリナーズの菊池雄星(AP)
Photo By AP

 マリナーズ・菊池雄星投手(27)は18日(日本時間19日)、本拠地シアトルでのロイヤルズ戦に先発登板し、5回を投げ9安打6失点で降板。自身4連敗となる5敗目(3勝)を喫した。チームは0―9で大敗した。

 初回にいきなりメリーフィールド、モンデシーの連打などで無死二、三塁。ゴードンに中前2点適時打されて先制を許した。球が高めに浮いたところを痛打された。2回は1死満塁のピンチを背負ったものの、メリーフィールドを浅い右飛、モンデシーを遊ゴロに打ち取り無失点で切り抜けた。

 しかし、3回1死からはソレアに中越え20号ソロを被弾。4回1死二、三塁からはメリーフィールドに左越え9号3ランを浴びた。5回は、2死からボニファシオに四球を与えたが、続くマルドナドをニゴロに抑えたところで降板した。

 菊池は前回登板の13日(同14日)のツインズ戦(ミネアポリス)では、先発で5回を投げ6安打1失点、4三振2四球で勝敗は付かなかった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月19日のニュース