中日、屈辱の16失点大敗 与田監督「誰かが止めなきゃいけない」

[ 2019年6月19日 05:30 ]

交流戦   中日2―16西武 ( 2019年6月18日    ナゴヤD )

5回途中8失点でKOとなり、ガックリとベンチに戻る阿知羅(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は投手陣が今季初の2桁16失点に沈んだ。先発・阿知羅が3被弾などで4回1/3を自己ワーストの8失点。「失点した後、すぐ点を取ってもらい、2点差のまま踏ん張りたかったですが」とうなだれた。

 今季初登板となった3番手・伊藤準も7回に打者一巡の猛攻を受けて8失点するなど05年5月26日の楽天戦(3―15)を上回り、交流戦での球団最多失点を更新。屈辱的な大敗に与田監督は「誰かが止めなきゃいけない。しっかり反省して明日につなげないと」と猛省を求めた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月19日のニュース