阪神・高山と楽天・辰己にスカパー!サヨナラ賞

[ 2019年6月19日 17:14 ]

代打サヨナラ満塁本塁打を放った高山
Photo By スポニチ

 セ、パ両リーグは、最も印象深いサヨナラ打を放った打者を表彰する5月の「スカパー!サヨナラ賞」を発表。セは阪神・高山俊外野手(26)、パは楽天・辰己涼介外野手(22)が選ばれた。ともに初受賞で賞金30万円などが贈られる。

 高山は5月29日の巨人戦(甲子園)の延長12回、1死満塁で劇的な代打サヨナラ満塁本塁打を放った。サヨナラアーチは自身初だった。

 辰己は5月8日のソフトバンク戦(楽天生命パーク)で、9回1死満塁で中越え二塁打を放ってチームを逆転サヨナラ勝ちに導いた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月19日のニュース