ソフトBデスパイネ「ラッキー」V打 6回には「崩されたけど」バックスクリーン弾

[ 2019年5月31日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク5―4オリックス ( 2019年5月30日    京セラD )

8回2死二塁、デスパイネはバットを折られながらも左前に勝ち越しの適時打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのデスパイネが勝負強い打撃で勝利に導いた。4―4の8回2死二塁で、左前へ勝ち越し適時打。内角球にバットを折られながらも力で運び「ポテンヒットでラッキー」と笑いが止まらなかった。

 6回には「崩されたけれどしっかり芯で捉えられた」という14号2ランをバックスクリーンに叩き込んだ。「みんなが大事なところで回してくれるから、ランナーを還すという気持ちで打席に入っている」と胸を張った。

 序盤は不振に陥り、一時は5番に下がったが、2日から再び4番に座り続ける。5月だけで11本塁打、25打点に「スロースターターだけど調子が出てきた」とデスパイネ。14泊15日の長期ロードも終了。31日からの楽天との首位攻防戦へ向け、主砲の存在感は頼もしいばかりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月31日のニュース