阪神 広島床田の前に7回まで無得点

[ 2019年5月31日 20:09 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2019年5月31日    マツダ )

 甲子園で巨人に2連勝し、上向きな状態で広島との首位攻防戦に挑んだ阪神だったが、広島先発・床田を相手に苦戦を強いられた。

 3回までは一人のランナーも出せず、序盤から床田にペースを握られた。5回にはマルテ、木浪の連打で2死一、二塁とするも、投手の西が空振り三振に倒れ最初のチャンスを活かせず。

 4回以降は毎回安打でランナーを出すものの、決定打が出ず。7回には1死一塁からマルテが併殺にたおれ、この回限りで降板となった床田を最後まで攻略できなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月31日のニュース