カブス アルモラの痛烈ファウルが少女直撃、病院搬送に号泣

[ 2019年5月31日 02:30 ]

号泣するアルモラJr.(AP)
Photo By AP

 ヒューストンで行われたアストロズ―カブス戦で、三塁側席への痛烈なファウルが4歳の少女に直撃するアクシデントがあった。

 4回にカ軍アルモラが放ったライナーの打球で、3、4列目付近で観戦していた少女は病院へ搬送された。試合は数分間中断。アルモラはイニングが終了すると、中堅の守備位置に就く前に三塁側席に向かい、号泣した。ア軍は「詳細は分かっていない。少女の無事を祈ります」との声明を発表。近くの観客によると、少女は意識はあり、泣いていたという。

 大リーグ機構は18年の開幕前に観客の安全対策として、バックネット以外も防護ネットを設置するように全30球団に通達。ア軍の本拠地球場はベンチ上までネットを延長していたが、少女はネットがない席に座っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月31日のニュース