オリ惜敗で今季ワースト借金9 西村監督「状況判断ができていない」

[ 2019年5月31日 05:30 ]

セ・リーグ   オリックス4―5ソフトバンク ( 2019年5月30日    京セラD )

6回1死一塁、デスパイネに勝ち越し2ランを浴び、ガックリと打球の行方を見つめる榊原翼(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 最後まで粘った1点差の惜敗だったが、オリックス・西村監督は開口一番、内容の悪さを言及した。

 「きょうはあと1本という問題ではなく、2回の2点もエラー。もう一つは状況判断ができていないこと。どちらも2ストライクからですから」

 2回はマレーロの失策が絡み2失点。6回はグラシアル、デスパイネともに2ストライクと追い込んでいたが、榊原は痛打をくらい「もったいない。点の取られ方が悪い。きょうの4失点は」と指揮官は反省を促した。

 これまで4度踏ん張った「借金8」だったが、これで今季ワーストを更新する借金9。過去、借金9から優勝した前例はなく、23年間優勝から遠ざかるオリックスには厳しい現実が残った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月31日のニュース