雄星、乱調…4回途中6失点で降板 4勝目ならず 大谷との“同窓対決”もお預け

[ 2019年5月31日 12:29 ]

ア・リーグ   マリナーズ―エンゼルス ( 2019年5月30日    シアトル )

本拠地シアトルでエンゼルス戦に先発した菊池雄星(AP)
Photo By AP

 マリナーズの菊池雄星投手(27)が30日(日本時間31日)、本拠地でのエンゼルス戦に先発登板。4回途中6失点で降板し、今季4勝目とはならなかった。

 初回、制球が定まらず、先頭から2者連続四球で無死一、二塁とピンチを招くと、3番プホルスに左前適時打を浴び、1点を先制された。その後は後続を打ち取り、最小失点で立ち上がりを終えた。

 2回は先頭7番のカルフーンにカウント1-3から甘く入ったフォーシームを打たれてソロ。1死一、三塁から2番トラウトに詰まりながら右前に運ばれて適時打を浴び、この回計2点を失った。3回も2死まで打ち取るも7番プエロにフォーシームを右翼席まで運ばれた。4回、1死一、二塁からトラウトに適時二塁打を浴び、ここで降板。結局、3回1/3で73球を投げ、10安打6失点2四球で防御率は4.43。制球が定まらず乱調で試合を作ることはできなかった。

 この日、エンゼルスの大谷はスタメンを外れてベンチスタート。岩手・花巻東高の同窓対決が期待されたが、実現とはならなかった。

 菊池は前回登板となった25日は、敵地でのアスレチックス戦に先発し、3回1/3、74球を投げ10安打1奪三振2四死球で5失点で今季2敗目。4月27日のレンジャース戦で球団の負担軽減措置により、1イニング限定の登板だった「ショートスターター」を除けば、渡米後最短での降板となっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月31日のニュース