中日、投手陣炎上で連敗 先発勝野が自己ワースト7失点

[ 2019年5月31日 05:30 ]

セ・リーグ   中日1―8DeNA ( 2019年5月30日    ナゴヤD )

初回に満塁ホームランを浴び、ガックリとベンチに戻る勝野(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の投手陣が炎上。2連敗を喫し借金は5に膨らんだ。与田監督は「5、6点目は防ぎたかった…」と嘆き節。先発の勝野が初回、ロペスにグランドスラムを被弾するなど4回途中で自己ワースト7失点と沈んだ。

 1―7の9回には守護神・鈴木博を起用。走者を背負う場面が目立つなど抑え役の不振脱却を願った配置転換と見られるが、1回3安打1失点と結果が伴わなかった。与田監督は「(鈴木博の起用には)いろんな思いがあります。まだ分からないけど、起用した場面が、その形になる」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月31日のニュース