ロッテ 今季3度目の4連敗 井口監督「初回以降、打線がつながらなかった」

[ 2019年5月31日 21:52 ]

パ・リーグ   ロッテ2―3西武 ( 2019年5月31日    ZOZOマリン )

<ロ・西>5回に逆転を許し、険しい表情でベンチに戻る二木(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ロッテがチャンスを生かせず4連敗。井口監督は「初回以降、打線がつながらなかった。何とか必死でつないでいくしかない」と厳しい表情を浮かべた。

 初回に相手失策も絡んで2得点したが、5回に先発の二木が戸川にプロ初本塁打を献上するなど逆転を許した。

 打線は6回は2死一、三塁。7回は2死満塁のチャンスを作ったが後続が倒れ、今季3度目の4連敗を喫した。借金は5月5日以来の「3」。3敗目を喫した二木は「戸川選手に打たれたホームランが後から効いてきたのかな」と、反省した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月31日のニュース