楽天・則本昂、右肘手術から6月実戦へ 1軍復帰は球宴後見込み

[ 2019年5月31日 05:30 ]

ランニングする則本昂
Photo By スポニチ

 3月に受けた右肘のクリーニング手術からの復帰を目指す楽天・則本昂が、順調であれば6月中にも実戦復帰する見通しとなった。25日にブルペンでの投球練習を再開。約50球を投げ、映像をチェックした平石監督は「手術後とは思えない球を投げていた。至って順調。今後は1カ月ぐらいの投げ込み期間を経て、実戦に入っていければ」と説明した。

 ここまでの経過は順調で、実戦復帰後は球数や投球回を徐々に増やしながら1軍復帰の時期を模索していく。1軍の合流時期について「全く期限は設けていない」と指揮官。リハビリの進捗(しんちょく)状況によってはスケジュールに多少のズレが生じる可能性はあるものの、7月中旬の球宴後が一つの目安になりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月31日のニュース