広島・野間 劇的タイムリーも「僕のヒットも上本選手のおかげ」

[ 2019年5月31日 22:30 ]

セ・リーグ   広島2-1阪神 ( 2019年5月31日    マツダ )

自分でペットボトルのウォーターシャワーを与え浴びる野間 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 延長11回、2死から上本、磯村とつないで一、二塁のチャンスを作ると、野間が右中間を抜くサヨナラ適時打。熱戦に終止符を打った。広島は今季5度目のサヨナラ勝ちで、プロ野球史上8度目となる月間20勝に到達。2位阪神のとの差も4ゲームに広げた。

 自らのバットで勝利を決めた野間は「最高です!」とお立ち台で大絶叫。打席を振り返ると「なかなか得点圏で打ててなかったので、何とかしたいなという気持ちで打席に入りました」とホッとした様子を見せた。

 勝利へのプロローグは2死後、8番・上本のヒットから始まった。野間は「僕のヒットも上本選手のおかげだと思います」と、途中出場でチャンスのきっかけを作り、決勝のホームを踏んだ上本を称賛。

 1ボールの後、空振り2球、そしてファウルの後に劇打を放った野間は「追い込まれていたので、何とか後ろにつなぐ気持ちで食らいついていきました」と語り「打った瞬間抜けると思いました」と手ごたえ十分だったことを明かした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月31日のニュース