北方、ドジャースとマイナー契約 真っ向勝負誓う160キロ超腕「スタイル変えない」

[ 2019年5月31日 02:30 ]

ドジャースの入団会見を行った北方
Photo By スポニチ

 ルートインBCリーグ・栃木の北方悠誠投手(25)が30日、ドジャースとマイナー契約を結び、栃木県小山市内で入団会見を行った。背番号は未定だが、ド軍のユニホームに身を包んだ北方は「海外だからといってスタイルを変える必要はない。思い切り腕を振った直球に、(打者が)どういう反応をするかが一番楽しみ」と、真っ向勝負を誓った。

 北方は今月8日、ド軍スカウト陣が見守る前で最速100マイル(約161キロ)を計測。契約の決め手の一つになった。この日で栃木を退団。6月中旬にも渡米し、ド軍のキャンプ施設があるアリゾナ州グレンデールでメディカルチェックを受ける。投球も披露してどのカテゴリーに所属するかが決まる予定だ。

 DeNAにドラフト1位で入団も1軍登板なし。独立リーグ4年目での転機となった。課題だった制球面も改善し「諦めずにやっていたら見てくれている人はいる。またスタートラインに立てた」。ド軍で昨季8勝のビューラーに憧れる。「僕も直球でドンドン押して抑える投手を目指す」と力を込めた。(鈴木 勝巳)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月31日のニュース