Dバックス平野、日本人最速米100戦登板 1回無失点も先頭の四球反省

[ 2019年5月31日 02:30 ]

ナ・リーグ   ダイヤモンドバックス4-5ロッキーズ ( 2019年5月29日    デンバー )

1回を無安打無失点に抑えた平野(AP)
Photo By AP

 ダイヤモンドバックスの平野が4―5の6回からメジャー100試合目の登板。先頭に四球を与えたがアイアネッタを二ゴロ併殺打に仕留めるなど、1回を無安打無失点に抑えた。

 「先頭の四球が一番駄目。併殺を取れたのはよかったけど、もっとストライク先行でいかないといけない」。昨年は日本人投手最多のシーズン75試合に登板し、日本人投手最速の2年目の5月中に100試合登板に到達。「投げろと言われたところで投げる準備をしておくだけ」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月31日のニュース