中日・遠藤 618日ぶりの一発「結果として最高の形で良かった」

[ 2019年5月31日 21:19 ]

セ・リーグ   中日―巨人 ( 2019年5月31日    東京D )

<巨・中>8回1死、右中間にソロ本塁打を放つ遠藤(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 中日・遠藤が618日ぶりの一発を放った。6―3の8回1死から1号ソロ。

 田原の外角直球を右翼席に運び「(高橋)周平だけに頼って、ここ数試合やっていたので、何とか他の野手でということもあったので、結果として最高の形で良かったです」と静かにダイヤモンドを一周した。

 本塁打は17年9月20日のヤクルト戦(神宮)以来。昨季は1軍でわずか1打席しか立てなかった男が雪辱のアーチを放った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月31日のニュース