阪神・近本、足で好機演出 三塁打でダメ押し打起点「抜けた瞬間狙った」

[ 2019年5月31日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神5―2巨人 ( 2019年5月30日    甲子園 )

7回無死、近本は左中間三塁打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 ストロングポイントを存分に発揮し、試合を動かした。阪神・近本がプレーボール直後から自慢の快足で魅せた。

 「イメージというか、準備していたことがしっかりできて、そこで勢いを付けられたと思う」

 まずは初回の第1打席だ。遊撃へ高いバウンドのゴロを放って内野安打として出塁すると、次打者・糸原の初球に果敢にスタートを切って二盗に成功。並んでいたヤクルト・山田を抜いてリーグトップに躍り出る今季15個目の盗塁で好機を演出すると、大山の3ランで生還した。

 「(イメージしたのは)内野安打もそうですけど、1球目の盗塁もいろんなことを想定しながら」

 リードオフマンとして何ができるか。頭で描く自身の役割をそのままグラウンドで実行し、電光石火でチームに勝機を呼び込んだ。

 ダメ押しの起点もこの男が作った。7回、先頭打者として10球粘ると、カットボールを左中間に運んだ。快足を飛ばし一気に三塁へ到達。「抜けた瞬間狙った。二塁打より三塁打の方が良い」。こちらもリーグトップとなる5本目の三塁打で絶好機を演出し、糸原の犠飛でリードを3点に広げる貴重なホームを踏んだ。

 まさに「足」でつかんだ2得点。矢野監督も「三塁打はある程度打てる確率はあると思う。効果的にすぐ1点を取れたので、近本の足で取れた1点かなと思う」と目を細めた。

 得点を叩き出すだけでなく、試合の流れすら変えられる希有な存在。イメージをそのまま本番で体現できる背番号5が躍動する限り、チームもそう簡単に失速しない。(遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月31日のニュース