巨人、大城2ランも空砲 坂本4出塁も丸4タコに反省

[ 2019年5月31日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2―5阪神 ( 2019年5月30日    甲子園 )

2回無死一塁、大城は中越えに2点本塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 巨人・大城が2回、中堅左へ2号2ランを放った。捕手登録ながら打撃力を買われて3戦連続で「5番・一塁」で出場し、同打順での初アーチに「たまたまです。入ってよかった」。

 しかし、その後は追加点を奪えず。坂本勇が4打席出塁も、続く丸は4打数無安打。6回無死一塁では空振り三振に倒れ、坂本勇が二盗を阻止される併殺もあり、丸は「つなぐことができなかった」と反省した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月31日のニュース