ヤクルト 厳しい立ち上がり、DeNAソトが先制ソロ 負ければ49年ぶり15連敗

[ 2019年5月31日 18:18 ]

セ・リーグ   ヤクルト―DeNA ( 2019年5月31日    横浜 )

<D・ヤ>初回2死、ブキャナン(左)から先制ソロ本塁打を放つソト(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 14連敗中のヤクルトはDeNAと対戦した。

 初回、DeNA先発今永に3者凡退。その裏先発のブキャナンが3番ソトに右越え15号ソロを浴び1点を先制された。

 攻撃陣も3回まで四球の走者1人を出しただけで無安打に封じられた。

 前日まで14連敗を喫しているヤクルトには厳しい立ち上がりとなった。この試合で敗れると70年のチームワーストの16連敗を記録した時以来49年ぶりの15連敗となる。また月間でもチームワーストの20敗に到達する。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月31日のニュース