楽天・浅村、移籍後も変わらぬ中川家・礼二との絆 大のレオ党と昨年から親交

[ 2019年4月18日 08:30 ]

パ・リーグ   楽天7―4西武 ( 2019年4月17日    楽天生命パーク )

知人の紹介で親交を深める楽天・浅村(右)と中川家礼二
Photo By スポニチ

 シーズン開幕戦、移籍後初本塁打、そして今回の通算150本塁打――。節目節目で、いつも楽天・浅村を励ましてくれる人がいる。人気漫才コンビ「中川家」の礼二(47)だ。昨年12月に知人の紹介で初めて食事をする機会があり、そこから親交を深めている。

 レオ党の礼二にとって、浅村のFA移籍のショックは大きかった。ただ、本人の口から決断に至るまでの経緯や理由を直接聞き「悩み抜いて決めたことなんやったら、新天地で思い切ってやったらええ。これからも応援するから」とエールを送った。

 野球とお笑い。ジャンルも年齢も違うが、体一つで勝負する厳しい世界に身を置くという点は共通する。新たな環境でさらなる高みを目指したいという浅村の決意を受け止め、笑顔で握手を交わした。浅村も礼二に感謝している。「いつも気にかけてもらって本当にうれしいし、頑張らないといけないですね」。ユニホームが変わっても、2人は固い絆で結ばれている。 (楽天担当・重光 晋太郎)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月18日のニュース