日本ハム・金子 思い出ほっと神戸での移籍1勝に感激「すごい巡り合わせ」

[ 2019年4月18日 21:31 ]

パ・リーグ   日本ハム7ー3オリックス ( 2019年4月18日    ほっと神戸 )

移籍後初勝利を挙げた日本ハム・金子 (撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 18日のオリックス戦で日本ハムが7-3で快勝し、先発・金子が昨年まで所属した古巣から待望の移籍後初勝利を挙げた。

 思い出のほっと神戸での記念すべき12球団制覇白星に「すごい巡り合わせ。何度も投げさせてもらった球場なので、違和感なく投げられました。初登板もここだったので、平成最後にここで勝利を挙げられてうれしい」と笑顔を見せた。

 2連敗で迎えたオリックス3連戦。「まず3連敗を避けることだけ考えた」と話す通り、気迫のこもったストレートでオリックス打線を封じ、一度も三塁を踏ませなかった。許した安打は後藤の二塁内野安打1本のみ。5個の三振を奪った。

 今季5度目の登板で、2度目の先発。「先発でも中継ぎでも、任されたところでしっかり投げたいと思います」と日本ハムのファンへ決意を口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月18日のニュース