エンゼルスが3連敗 10安打を放つも1点差負け アストロズの連勝は10でストップ

[ 2019年4月18日 14:27 ]

9回に三振に倒れたエンゼルスのトラウト(AP)
Photo By AP

 ア・リーグ西地区で最下位に沈んでいるエンゼルスは17日、テキサス州アーリントンでレンジャーズに4―5で敗れて3連敗。レンジャーズの6安打を上回る10安打を放ったが、5回の4失点が響いて1点差で敗れた。

 エンゼルスがレンジャーズとのシリーズで「スイープ(全敗)」を喫したのは6シーズンぶり。今月4~7日の4連戦では3勝1敗と勝ち越していたが、敵地での3連戦では7―12、0―5、4―5でいずれも敗れた。

 同地区3位のレンジャーズは昨年7月以来の4連勝で10勝7敗。なおエンゼルスは18日から地元アナハイムでマリナーズとの4連戦に臨むが、20日の第3戦ではマリナーズの菊池雄星(27)が先発する予定。

 一方、ア・リーグ西地区で首位に立っているアストロズはアスレチックスに1―2で競り負けて12勝6敗。連勝は10でストップした。

 同地区2位マリナーズはインディアンズに敗れて6連敗。アストロズとのゲーム差は「0・5」となっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月18日のニュース