ロッテ、新1番・荻野がV打「当たりは良くなかったけど」

[ 2019年4月18日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1―0ソフトバンク ( 2019年4月17日    ZOZOマリン )

5回1死一、二塁 適時打を放つ荻野(撮影・白鳥 佳樹)   
Photo By スポニチ

 決勝打は、これまで固まらなかった「1番」に固定された荻野だった。0―0の5回2死一、二塁、大竹の直球を中前に落とし5試合連続安打。「当たりは良くなかったけど、それが良かった」。

 14日の日本ハム戦(札幌ドーム)まで1番に先発起用された打者は55打数5安打の打率.091だったが、チームの弱点と言える打順に頼もしい男が戻ってきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月18日のニュース