ロッテ・角中が明かす意外すぎるチームの好調の要因とは…

[ 2019年4月18日 23:02 ]

パ・リーグ   ロッテ5―2ソフトバンク ( 2019年4月18日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>勝利し、チームメートとハイタッチする角中(中央)=撮影・木村 揚輔
Photo By スポニチ

 1―1の3回1死一、二塁。今季初の同一カード3連勝を決める右前適時打を放ったロッテ・角中が、意外すぎるチームの好調の要因を語った。

 「今年は負けても雰囲気が暗くならない。理由ですか? みんな(鳥越)ヘッドに強くなったと思います」

 昨季、井口監督の誕生とともに就任した鳥越裕介ヘッドコーチはソフトバンク時代から「鬼軍曹」としても有名。1年目は厳しい言葉に「みんなシュンとなっていた」と角中は苦笑いしながら振り返るが、少しずつ、その言葉の意味を理解し、自分へ向けられたエールだとそれぞれが、受け止められるようになった。

 このカード前は4連敗で借金は6までふくらんでいたが、下を向くことなく首位だったソフトバンクに挑み、3連勝。これは単なる偶然ではなく、ロッテナインの心の成長もあった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月18日のニュース