阪神・大山 初回の先制3ランに続いて2打席連発!6打席3アーチの荒稼ぎ

[ 2019年4月18日 18:58 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2019年4月18日    神宮 )

<ヤ・神>3回無死、大山は左越えにソロ本塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神の主砲・大山悠輔内野手(24)がヤクルト戦(神宮)の第1打席、第2打席と、今季初の2打席連続本塁打を放った。

 大山は初回、1死一、二塁で左中間スタンドへ2試合連発となる先制の3号3ランを放つと、4―1で迎えた3回の第2打席では第1打席と同じくボール、ボール、ファールに続く4球目を左翼スタンドへ運んだ。

 前日17日のヤクルト戦(神宮)第2打席で先制の2号2ランを放っており、これで6打席3アーチの荒稼ぎとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月18日のニュース