阪神 ドラ1近本も続いた! 21打席ぶりプロ3号は神宮のバックスクリーン左へ

[ 2019年4月18日 20:39 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2019年4月18日    神宮 )

<ヤ・神>7回1死、近本は中越えソロ本塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト1位ルーキー、近本光司外野手(24)が7回にプロ3号となるソロ本塁打をバックスクリーン左に叩き込んだ。

 4番・大山、6番・中谷がともに2打席連続アーチを放つなど12―2と10点リードで迎えた7回の攻撃。1死走者なしで入った第5打席で見逃し、ボール、ボールとカウント2ボール1ストライクからの4球目、真ん中高めの直球をバックスクリーン左へ放り込んだ。

 近本の本塁打は13日の中日戦で第3打席に放って以来21打席ぶり。点差は11に開いた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月18日のニュース