日本ハム “吉田正シフト”成功!一、二塁間を抜ける三塁ゴロに

[ 2019年4月18日 18:19 ]

パ・リーグ   日本ハム―オリックス ( 2019年4月18日    ほっと神戸 )

日本ハムの三塁方向ががら空きとなる「吉田正シフト」
Photo By スポニチ

 日本ハムが18日のオリックス戦(ほっと神戸)で開幕から積極的に行っている極端な守備シフトを成功させた。

 初回2死走者なしの場面で左打ちで引っ張る打球が多い3番の吉田正を迎え、これまでと同様に三塁手の横尾が一、二塁間のやや後方へ。

 走者なしで吉田正を迎えた際は「一、二塁間のゴロを抜くヒットが多い」という昨季までのデータを元にこの守備シフトを繰り返してきたが、見事に一、二塁間を抜けた打球を横尾が捕球し、一塁に送ってアウトとした(記録は三塁ゴロ)。

 メジャーでも盛んな守備シフトは相手打者を幻惑してスイングを崩すなどの狙いもあり、日本ハムは今季開幕から積極的に行っている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月18日のニュース