阪神 敵地・神宮でお祭り騒ぎ 主砲・大山に続いて6番・中谷も2打席連続アーチ!

[ 2019年4月18日 20:25 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 神宮 )

<ヤ・神>6回2死一塁、中谷は左越えに2打席連続の2点本塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神の中谷将大外野手(26)が4回の3号2ランに続いて6回にも2打席連発となる4号2ランを放った。

 「6番・左翼」で先発出場した中谷は4回の第3打席で左中間へ2ラン。6回の第4打席は再び左中間スタンドへ2打席連発となる2ランを叩き込んだ。

 中谷は大山の3ランで先制した後の初回1死二塁で左翼へ適時打を放っており、6回までで2発を含む3安打5打点の荒稼ぎ。

 4番の大山も初回、3回と2打席連続アーチを放っており、猛虎ファンにはたまらない試合展開となった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月18日のニュース