阪神 首位ヤクルト相手に初回4点先取! 大山先制3ラン 初回から2ベース3本乱れ打ち

[ 2019年4月18日 18:30 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2019年4月18日    神宮 )

<ヤ・神>初回1死一、二塁、大山は左中間に先制3ランを放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 5位・阪神が首位のヤクルト相手に初回から一挙4点を先取した。

 1番・近本の二ゴロを巡っていきなり矢野監督が仕掛けたリクエストは失敗に終わったが、直後に2番・北條が左翼線へ二塁打を放って猛虎打線の猛攻がスタートした。

 3番・糸井が四球で歩いて1死一、二塁としてから4番・大山が2ボール1ストライクからの4球目、真ん中高めのスライダーを左中間スタンドに叩き込む先制3ラン。主砲の2試合連続となる3号弾で勢いが加速した。

 さらに5番・糸原が左中間へ二塁打を放つと、6番・中谷の左越え適時打で4点目。7番・梅野も左中間への打球で好走塁を見せて二塁打とし、1死二、三塁となおもヤクルト先発の大下を追い詰めた。

 結局、8番・木浪、9番・岩田が2者連続で空振り三振に終わったが、初回から首位相手に4点先行と幸先のいいスタートとなった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月18日のニュース