DeNA浜口、力投も初黒星 打球直撃で試合後は松葉づえ

[ 2019年4月18日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA1―3中日 ( 2019年4月17日    ナゴヤD )

5回無死一塁、阿部に左中間適時二塁打を打たれ、ガックリの浜口(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 DeNAは2連敗で4位に転落した。先発の浜口が6回3失点で今季初黒星。5回に先頭の高橋の打球が右ふくらはぎを直撃し一度は治療のためベンチに下がりながら続投したが、続く阿部に適時二塁打を浴びた。「試合中は問題なかった」と話したが、試合後は電気治療を施し、松葉づえをつき球場を後に。次回登板は「明日になってみないと分からない」とした。

 打線は山井に17年から5連敗。ラミレス監督は「全部が良かった。出ればDeNAに勝つという、菅野やメッセンジャーのような投手になってしまった」と天敵にお手上げだった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月18日のニュース