【18日のファーム情報】ヤクルト・館山 5回1失点で2勝目

[ 2019年4月18日 18:44 ]

 プロ野球のファームは18日、イースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 ヤクルトは西武戦(西武第2)に4―2。先発・館山が5回4安打1失点で2勝目(2敗)を挙げた。ドラフト2位・中山が3安打1打点。西武先発・十亀は5回7安打3失点で2敗目(1勝)。高木渉が9回に2号ソロ。

 楽天は日本ハム戦(森林どり泉)に先発・渡辺佑が5回1安打無失点で1勝目。則本昂の弟で育成の則本佳が2番手で登板し1回無安打無失点だった。山下が3安打1失点。日本ハム先発・鈴木は5回0/3を8安打5失点(自責4)で1敗目。

 リーグ首位の巨人はDeNA戦(ジャイアンツ)に7―2で勝って4連勝。先発・今村は6回5安打1失点で2勝目。打線では加藤が3安打1打点だった。DeNA先発・中川虎は4回8安打6失点(自責5)で3敗目(2勝)。

 ソフトバンクは広島戦(タマスタ筑後)に4―3。先発・中田が7回1/3を7安打2失点で2勝目(1敗)を挙げた。増田が3回の先制1号ソロなど2安打。広島先発・山口は6回6安打4失点で1敗目(1勝)。

 中日―阪神戦(ナゴヤ)は1―1で9回引き分け。中日先発・ロメロは5回2安打無失点。1番・渡辺が2安打だった。阪神先発・望月は7回6安打1失点。陽川が7回に同点1号ソロ。
 

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月18日のニュース