阪神、方程式崩れ痛恨ドロー 響いたドリスの不在 矢野監督「体調不良」

[ 2019年4月18日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2―2ヤクルト ( 2019年4月17日    神宮 )

8回1死、能見は連続四球を与えてジョンソンに交代(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 3時間53分の激闘も勝敗は付かず痛恨のドロー。展開的には阪神の勝ちパターンの中で、結果的には「守護神不在」が大きく響いた。青柳の好投を受け、本来なら8回からジョンソン―ドリスの必勝リレーが予想されたが8回のマウンドに上がったのは能見だった。

 「(ドリスは)体調不良。投げられる状況ではなかった。今の段階で、明日行けますということは言えない」

 試合後、矢野監督がドリスが試合から“離脱”していたことを明かした。守護神は試合中もブルペン待機せずクラブハウスで戦況を見守っていたという。

 そんな状況で能見は1死から連続四球でピンチを招くと、開幕から6試合目にして初めてジョンソンがイニング途中から登板。だが、山田哲の初球カーブがすっぽ抜け、頭部付近にあたる死球で満塁。動揺が残る中、続くバレンティンにも初球のカーブを左前に運ばれ同点とされた。以降は何とか抑え1回2/3を無失点も、助っ人右腕は「今日は自分の仕事ができたとはいえない。ただ、負けなかったのはよかった」と振り返った。

 苦しい場面での投球を強いただけに、矢野監督も「(あの場面は能見も)慎重になる。ジョンソンも責めることはない。ピッチャーがつくってくれた引き分け」と投手陣を責めることはなかった。

 結果的には8回から6投手をつぎ込む総力戦となった。この日の朝に愛媛・松山から直線距離で670キロ離れた東京に空路で移動し試合終了は午後10時23分。疲れが大きく残る今季初の引き分けだった。 (山本 浩之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月18日のニュース