ソフトB、2戦連続零敗で2位転落 上林が死球で途中交代

[ 2019年4月18日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク0―1ロッテ ( 2019年4月17日    ZOZOマリン )

ベンチの工藤監督 (撮影・白鳥 佳樹)   
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは野手の主力にケガ人が相次ぐが、この日も2回に上林が右手の甲に死球を受けて途中交代。4回に代打を送られ、習志野市内の病院で打撲と診断されたが、18日の出場は不透明だ。

 外野陣は柳田、福田、グラシアルが離脱し、中村晃も自律神経失調症で戦列を離れている。主軸を欠いた攻撃陣は16年7月18、19日のオリックス戦以来となる2戦連続零敗で2位に転落。工藤監督は「投手は抑えている。(次は)打線が頑張ってくれると思う」と言葉を絞り出した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月18日のニュース