西武・内海、零封復帰!1カ月半ぶり実戦で3回2安打の好投

[ 2019年4月18日 05:30 ]

3イニングを無失点に抑えた内海(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 左浅指屈筋の軽い肉離れで2軍調整中の西武・内海が、イースタン・ヤクルト戦で1カ月半ぶりに実戦復帰。3回2安打無失点の好投を見せた。「いい緊張感の中で打者と勝負ができた」。

 最速140キロの直球と変化球を交えた丁寧な投球。巨人にFA移籍した炭谷の人的補償で加入も故障で出遅れたが「早く1軍の舞台でライオンズに貢献したい。毎日そう思って生活している」。次回は25日の同・日本ハム戦に先発し、5月上旬にも1軍登板の可能性もある。

 また、軽い肺炎で戦列を離れていたドラフト1位・松本航は1回1安打2四球で無失点だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月18日のニュース