【ファーム情報】巨人ドラ1鍬原 6回1安打、無失点で公式戦初勝利

[ 2018年5月5日 18:59 ]

 プロ野球のファームは5日、イースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 巨人は日本ハム戦(ジャイアンツ)に9―0で完封勝利。先発のドラフト1位・鍬原が初回、先頭の岡に中越え二塁打を打たれたものの、許した安打はこの1本だけ。坂本工、高木と3投手の継投で「スミ1安打」での完封リレーを完成させた。鍬原は6回1安打10奪三振無失点で公式戦初勝利(1敗)を挙げた。打線では辻、和田の3、4番がともに2安打2打点。日本ハムは先発・堀が4回0/3を6安打8失点(自責6)で2敗目。

 楽天は西武戦(西武第2)に6―2。試合のなかったDeNAと並んでリーグ首位に浮上した。1番・聖沢が2安打3打点と活躍。先発・戸村は5回2安打1失点(自責0)で2勝目(1敗)。西武先発・佐野は5回3安打2失点で2敗目。

 ヤクルトはロッテ戦(戸田)に6―4。先発・寺島は7回6安打3失点で1勝目(2敗)を挙げた。ロッテ先発・藤岡貴は5回4安打3失点。3番手・種市が1回無安打も3四球1失点で1敗目。

 ソフトバンクは広島戦(タマスタ筑後)に10―0。長谷川勇が3号2ランなど2安打、川瀬が3安打1打点だった。先発・摂津は6回3安打無失点で2勝目。広島は打線が5安打に終わり、先発・福井は6回8安打6失点(自責2)で勝ち星なしの4敗目を喫した。

 オリックスは中日戦(ナゴヤ)に5―0。打線は西野が3安打、小島、宮崎、武田が2安打をマーク。先発・松葉は8回2安打無失点で2勝目(1敗)を挙げた。中日は4安打。先発・大野雄は6回8安打2失点で1敗目(2勝)を喫した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年5月5日のニュース