DeNA・京山が6日G戦先発へ 2軍で課題の制球力修正「0勝0敗のつもりで」

[ 2018年5月5日 14:48 ]

 DeNA・京山将弥投手(19)が6日の巨人戦に「仕切り直し先発」することになった。4月1日のヤクルト戦(横浜)でプロ初勝利を挙げると、2年目にして開幕3連勝。しかし4月25日の広島戦(横浜)で1回2/3を7失点で敗戦し翌日に出場選手登録を抹消された。

 集中打を浴びた広島戦の反省を生かし、4月30日のイースタン巨人戦(ジャイアンツ)で2回無失点と好投すると、再び1軍昇格を果たした。

 京山は「悪かった真っすぐの制球力を意識して、(2軍の試合では)修正できた」と前向きに話すと、GW最終戦に向けて「0勝0敗のつもりで投げたい」と意気込んだ。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年5月5日のニュース