巨人19イニング連続無得点 岡本&立岡が痛恨の犠打失敗

[ 2018年5月5日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人0―0DeNA ( 2018年5月4日    横浜 )

延長12回無死一、二塁、立岡は送りバントを試みるも捕ゴロ併殺になる
Photo By スポニチ

 巨人は2度の犠打失敗が響き、最後まで本塁が遠かった。7回無死一塁では、岡本が初球に犠打を試みたが捕飛。延長12回無死一、二塁では立岡が捕手の前に転がすも、結果は2―5―3の併殺で流れを失った。

 村田ヘッド兼バッテリーコーチも「1点勝負だと思った。打つだけだとダメなんだから」と注文した。チームは3日の広島戦の3回から19イニング連続無得点となった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年5月5日のニュース