千葉の清宮虎多朗くん準々決勝敗退「下半身うまく使えなかった」

[ 2018年5月5日 14:04 ]

春季高校野球千葉兼大会 準々決勝   習志野9―2八千代松陰 ( 2018年5月5日    千葉県野球場 )

力投する八千代松陰・清宮
Photo By スポニチ

 八千代松陰のプロ注目右腕・清宮(せいみや)虎多朗(こたろう)投手(3年)が敗れた。1メートル90の長身から投げ下ろす直球を武器に8回2/3で7三振を奪ったが、11四死球と制球に苦しみ7安打9失点。「下半身をうまく使えていなかった」と反省した。

 日本ハム・清宮幸太郎内野手(18)と名前が似ていることでも注目されるが「特に意識していない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月5日のニュース